検索
  • 棚田バンク事務局

2020年4月~5月初旬の報告


まだ寒かった4月初旬。

種まきから始め、

田んぼの掃除、水源の確認。


中旬は、

昨年驚くほどの小雪だったため生えてきた草を草刈り。

並行して毎日育っていく苗の管理、

トラクターや田植え機の練習。


下旬、

とうとう田植え間近となり、

水の足りない田に水を送るためポンプを設置。

田んぼ内を平らにして田植えに備える。

水の足りない田が田植えまでにどうなっていくのか、

心配はありますが、

おおむね予定通り進行しています。

新メンバーも不慣れながらかんばっています。

以下、詳細を写真とともにどうぞ。


=========================================

4月5日峠の棚田 

まだ緑の少ない棚田。例年この時期は雪が残り見に行くことは難しいけれど、今年は小雪だったためこんな写真が取れました。



4月10日ころ

新メンバーに田んぼの場所を紹介しつつ、田の掃除をしました。

水の流れるところは入念に。



4月12日ころ

種まきをしました。

機械で作業するため、水に浸けておいた種もみを乾かします。

そして苗箱に詰めておいた土を機械に送り込むと種がまかれていきます。



4月14日ころ

蒔いた種は温室に入れて芽が1.5cmになるまで育てます。

十分育ったら苗代(なわしろ)と呼ばれる水をためられる稲のプールに移動しました。



4月下旬

苗を管理します。

シートをかけたり、取ったりして温度を管理し、プールに水をためて水分を管理します。

朝晩のシートの管理は少々大変でしたが、

まだ小さい苗を守るためには必要な作業です。

残念なことに、雀やカラスに苗を少し食べられてしまいました。

この写真は4月15日ころ

この写真は5月5日ころ。

少しずつ成長しています。


5月初旬

田植えが近づき、準備をしました。

水がない田に水を送るためポンプを設置。

ポンプがつかえない田は…どうしたらいいのか、

悩みがつきません。


5月11日ころ

水を張った田を耕耘。

地面が平らになれば田植え準備完了です。



以上、4月~5月初旬のご報告でした。

5月中下旬の作業は田植えを予定しています。

121回の閲覧

​まつだい棚田バンク事務局

​お申し込みはこちらから

​大地の芸術祭の里公式オンラインショップ

〒942-1526 

新潟県十日町市松代3743-1まつだい「農舞台」内

tel  025-595-6180

mail  tanada@tsumari-artfield.com

(営業時間10:00~17:00、水曜休、年末年始休)

​※お支払い方法はクレジットカード決済、コンビニ決済からお選びいただけます

※現在募集しているのは2020年度の里親です(~2020年9月30日まで)。​お米のお届けは2020年11月~となります。

photo: Ayumi Yanagi, Noriko Yoneyama