検索
  • 棚田バンク事務局

雪のまつだいから。1月の近況報告です。


みなさま、あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。



まつだいでは例年の通り12月中旬から雪が降り始め、現在約1mの積雪となりました。

スタッフ一同除雪に明け暮れながら、

イベント「手をたずさえる塔と雪あそび博覧会」の準備などをしていますので、その様子をお届けいたします!


こちらはカバコフ作品の無い、カバコフの「棚田」です。

作品保護のため4月末頃まではこの状態。

作品は無いですが里山食堂からの眺めは冬も美しいです。





こちらは「手をたずさえる塔」です。

昨年12月に完成しお披露目会をしました。出来立ての新作です。

早速雪が降ってきてしまったのですが、この冬はこの作品を冬季間も公開します!

そのため日々雪が降るごとに除雪をしています。

回りを雪に囲まれた作品の姿は冬季にしか見られませんので、

ぜひこの機会にご覧ください。

土地の形状と雪と建物、作品が不思議な空間を作り出しています。

まだ1m以上積もることが予想されるので、今後どうなっていくのかもこうご期待。






こちらは「雪アート」設置に向けたルートづくりです。

雪降る里山に6点のアートが設置される予定です。

アートを鑑賞して巡る際新雪の上を歩くのは困難なので、

このようにあらかじめ通るルートの道を踏みつけておく「道つけ」という作業をして、

お客様にはそのルートを歩いてもらうことを計画しています。

1㎞弱のルートは雪原あり、林ありで、景色自体もお楽しみいただけそうです。


写真は初めて道つけ作業に取り組むFC越後妻有選手の2人。

冬季間の良いトレーニングになりそうです。



最後に屋根除雪です。

傾斜のついた屋根の上での作業は大変緊張します。

除雪道具「スノーダンプ」を使いこなせるようになるには、練習が必要です!

大変な作業ですが、家屋と作品を守るために随時行っていきます。



春まで、まだ2カ月以上雪の世界です。

雪とうまく付き合って、楽しい冬を過ごせればと思います。

イベント「手をたずさえる塔と雪あそび博覧会」にも、ぜひお越しください。

どうぞよろしくお願いいたします。



(おわり)







閲覧数:99回0件のコメント

最新記事

すべて表示